SponsoredLink

メタボリック症候群、原因はどこに?

メタボリック症候群である、もしくはメタボリック症候群予備軍に入るかも…と思っている人って結構多いようです。だからこそ、ここ数年でメタボリック症候群という言葉がこれほどまでに浸透しきったのではないでしょうか。


メタボリック症候群って、つまりは内臓脂肪がたっぷりついちゃってる状態…と想像してました。ちなみに、正しくはこういうことだそうです。



メタボリックシンドロームは、心血管疾患予防を第一義の目的としてハイリスクグループを絞り込むために定義された疾患概念であり、内臓脂肪の蓄積によりインスリン抵抗性(耐糖能異常)、動脈硬化惹起性リポ蛋白異常、血圧高値を合併する病態である。

引用先:生活習慣病健診・保健指導の在り方に関する検討会
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2005/08/s0826-9d.html


インスリン抵抗性というのは、インスリンへの感受性が低くなること。つまり、インスリン抵抗性が高くなれば、血糖値が上がり糖尿病に罹りやすいといえますね。


つまり、メタボリック症候群というのは、貴方は心血管疾患になる可能性が高いですよ、という警告とでもいいましょうか。メタボリック症候群自体が病名ではないようです。


さて、病気ではないとしたら、メタボリック症候群になる原因は果たして何処にあるのか?病気でない以上、ウイルスや細菌によって引き起こされるわけじゃないってことだし…。


もう、判ってますよね…、メタボリック症候群の原因!脂っこいものに偏ったり、食べすぎたりなどの乱れた食生活、運動不足、不規則な日々の生活など、以前から生活習慣病の原因と言われていたものが、メタボリック症候群の原因です。


正直、耳がイタイですね(笑)。結局、メタボリック症候群は、自分自身が原因なんです。自分に甘い生活をしていた代償が、メタボリック症候群という形で戻ってくるわけです。


メタボリック症候群になるのも、メタボリック症候群を予防するのも、メタボリック症候群を改善するのも、結局最後は自分自身。メタボリック症候群に怯えなくていい生活を、心がけたいものですね。

メタボリック症候群の診断基準とは?

メタボリック症候群という言葉、もうすっかりお馴染みですね。メタボリック症候群という言葉が知れ渡ると同時に、テレビ、雑誌、はたまた街中でもメタボリックという言葉が溢れ、男女を問わず、メタボリック症候群に対する意識は多少なりとも高まってきているのではないでしょうか。


さて、そのメタボリック症候群。実際の診断基準をご存知ですか?第一段階としては、ウエストサイズ。男性なら85cm、女性なら90cm以上で、メタボリック症候群要注意ゾーンと言えます。


もちろんウエストサイズのみで、メタボリック症候群と診断されるわけではなく…。後は、中性脂肪値・コレステロール値・血糖値・血圧などの数値と照らし合わせて、総合的にメタボリック症候群と診断されるそうです。


細かい色々な数値というのは、さすがに人間ドックにでもいかないと調べられませんが、ウエストサイズはすぐにでも調べられますね。メタボリック症候群の予備軍に位置している人たちは、まずウエストサイズを気にしてみるのもいいかもしれませんね。


メタボリック症候群…そうなってしまってからでは遅いです!まずは予防の意味も兼ねて、ウエストサイズを気にしてみる。そうすることで、メタボリック症候群を回避しようとする意識が働き、自然とメタボリック症候群に対する対策が取れるかもしれません。


メタボリック症候群の診断基準の入口、ウエストサイズを頭の片隅にでも覚えておきましょうね。