SponsoredLink

メタボリック症候群、原因はどこに?

メタボリック症候群である、もしくはメタボリック症候群予備軍に入るかも…と思っている人って結構多いようです。だからこそ、ここ数年でメタボリック症候群という言葉がこれほどまでに浸透しきったのではないでしょうか。


メタボリック症候群って、つまりは内臓脂肪がたっぷりついちゃってる状態…と想像してました。ちなみに、正しくはこういうことだそうです。



メタボリックシンドロームは、心血管疾患予防を第一義の目的としてハイリスクグループを絞り込むために定義された疾患概念であり、内臓脂肪の蓄積によりインスリン抵抗性(耐糖能異常)、動脈硬化惹起性リポ蛋白異常、血圧高値を合併する病態である。

引用先:生活習慣病健診・保健指導の在り方に関する検討会
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2005/08/s0826-9d.html


インスリン抵抗性というのは、インスリンへの感受性が低くなること。つまり、インスリン抵抗性が高くなれば、血糖値が上がり糖尿病に罹りやすいといえますね。


つまり、メタボリック症候群というのは、貴方は心血管疾患になる可能性が高いですよ、という警告とでもいいましょうか。メタボリック症候群自体が病名ではないようです。


さて、病気ではないとしたら、メタボリック症候群になる原因は果たして何処にあるのか?病気でない以上、ウイルスや細菌によって引き起こされるわけじゃないってことだし…。


もう、判ってますよね…、メタボリック症候群の原因!脂っこいものに偏ったり、食べすぎたりなどの乱れた食生活、運動不足、不規則な日々の生活など、以前から生活習慣病の原因と言われていたものが、メタボリック症候群の原因です。


正直、耳がイタイですね(笑)。結局、メタボリック症候群は、自分自身が原因なんです。自分に甘い生活をしていた代償が、メタボリック症候群という形で戻ってくるわけです。


メタボリック症候群になるのも、メタボリック症候群を予防するのも、メタボリック症候群を改善するのも、結局最後は自分自身。メタボリック症候群に怯えなくていい生活を、心がけたいものですね。

メタボリック症候群には、何はともあれ運動

メタボリック症候群という言葉、今では知らない人はいないですよね。でも、メタボリック症候群という言葉がこれだけの認知度を得るずっとずっと前から、痩せるためには運動するのが最適と言われてきました。もちろん、メタボリック症候群にも運動が一番。


身体に取り入れたエネルギーよりも、消費するエネルギーが少ないから、残った分が脂肪に変わっていく…。そんなこと百も承知だけれど、なかなか消費カロリーを上げるのは難しい。摂取カロリーを減らすにしても続かない。


しかしそうも言ってられない。メタボリック症候群を回避するためには、運動するしかない!!メタボリック症候群の予備軍であるうちに、対策を取らねば!!


で、一番手軽だと思って始めた縄跳び。15分で100kcalの消費。始めはやる気に溢れ、家の前で縄跳びに励んだけれど、やっぱり人の目が恥ずかしい…。一週間もたずにアウトです。(笑)


とはいえ、やはり恐ろしいメタボリック症候群。このまま対策を取らなかったら、メタボリック症候群の予備軍から、本格的なメタボリック症候群に格上げは必至。なんとか室内でできる、メタボリック症候群に有効な運動を見つけなくては…。


で、とうとう見つけたビリーズブートキャンプ。基本プログラムですら、55分間エクササイズが続くというこの運動。まさに、メタボリック症候群と予備軍のために作られたような運動♪もう、これしかない!メタボリックとさよならするためにも、運動頑張るぞ!

メタボリック症候群は、治療できる!

メタボリック症候群。ウエスト周りのお肉が気になる人には、耳が痛い言葉。メタボリック症候群は、いわゆる内臓脂肪が問題なわけです。この内臓脂肪を取り、メタボリック症候群から抜け出そうと、自己流ダイエットに走っている人も多いのでは?


内臓脂肪を取るには、運動して食事を減らせばいいと思いがち。でも、間違ったダイエット法をやると、メタボリック症候群を改善するどころか、脂肪は残り筋肉だけが落ちてしまうという恐ろしい結果を招くことも…。


また、メタボリック症候群の対策とはいえ、食事を抜くことで集中力を欠いてしまうのはあまりにも危険。仕事でミスを招いたり、運転で注意力を欠いたり。メタボリック症候群という病気の治療のつもりが、逆効果にしかなっていませんよね。


そこで、メタボリック症候群の皆さん!改善する必要があるのなら、メタボリック症候群の治療に踏み切ってみませんか?お医者さんの指導の元で、メタボリック症候群の治療は可能なんですよ。


メタボリック症候群の治療は、薬物で簡単に出来るというものではなく、適切な運動とインシュリン抵抗性の改善という2つの組み合わせで進められているようです。自己流ではどうにも無理な話ですね。(笑)やはり、専門家である医師の力が必要です。


メタボリック症候群、放っておくと本当に恐ろしい病気です。早く脱メタボリック症候群を果たすためにも、メタボリック症候群の治療、前向きに検討されてはいかが?